トイプードルのお手入れ方法やシャンプーのやり方はこちら。

TOP > 関連ページ > お手入れ方法やシャンプー

トイプードル専門navi

お手入れ方法やシャンプー

トイプードルのお手入れ方法のやり方

トイプードルは性質として、聡明で元気があるタイプが多く、他の犬種よりも飼いやすく、ここだけは違うからなどと注意する点はほとんどありません。

もちろん容易だからといって、ただ自由にさせるわけにもいきません。まず犬と人間ですから隔たりをしっかり認識して慣れていくことが大切です。

特に初心者の方が注意すべき点は、賢いあまりにこちら側が飼われない様にすべきです。このためには常に飼い主が主体となって行動をすること、抱っこをする場合もねだられたからというのではなく、しっかりルールを作ることが大切です。

無駄吠えする時には誰でも飽きて無視します。そして犬が慣れてきたら無駄吠えもしなくなり、その分ほめてあげます。

このようにある場合はとことん無視したり、愛情を示す場合はとことん可愛がる、そして叱るときは威圧感を示す、このようなメリハリを示すと、トイプードルも存在感を示されていやとは反応できなくなるものです。

また、トイプードルの飼い方のコツといえば、身だしなみも気になります。自慢のトイプードルにするには欠かせないことですが、日頃のケアとしてはまずシャンプーがあります。

トイプードルは毛が多いので、ブラッシングだけでは余分な汚れは落せませんし、室内だし毛抜けが少ないとはいえ、シャンプーしない方はやはりいないと思います。

まずシャンプーは過度になると皮脂が減りすぎて被毛にも皮膚にもよくありませんので、適度な回数をこなしていくことが大事です。

またシャンプーの量も多すぎないようにすることと、トイプードルは毛が多そうだからと量を余分に使用する方がいますが、あまりヌルヌルすると嫌がりますし、毎日適当な量だと慣れずに怖がってしまいます。

充分にお湯で濡らしてから汚れが多い足や臀部から洗いはじめ、リンスについてもできるだけ薄めで毛玉が出来にくくなる程度がコツです。

後はていねいにすすぎ、早めにドライヤーで乾かします。火傷にも充分に注意をして手で確認しながら、また一定距離を守ってドライアップするのが理想です。

ここまで、トイプードルのお手入れ方法やシャンプーのやり方をご説明してきましたが、やはり本格的にトイプードルのことを理解するのであれば、プロにしっかりと習うことがお薦めです。当サイトがお薦めしているプロのドックトレーナーは遠藤和博先生です。

遠藤先生はドックトレーナー歴20年以上、2006年、2007年にはTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴をお持ちの日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

もし、あなたが本格的にトイプードルのしつけ方法や飼い方をしっかりと学びたいと考えているなら、遠藤先生の教材を勉強することをお薦め致します。詳細は下記より確認することができますので、一度チェックしてみてください。