トイプードルが下痢を起こしてしまう原因について

TOP > 関連ページ > 下痢を起こす原因

トイプードル専門navi

下痢を起こす原因

トイプードルについて

大切なトイプードルが下痢を起こしたら大変です。また初心者の飼い主の方でよく慌てて獣医さんに駆け込む方がいますが、ある程度知識を持っておいて、落ち着いた対応をとることが大切です。

たとえば水分を摂り過ぎた場合、大腸での水分吸収が間に合わずにそのまま下痢となって出ることはよくあります。

餌の質が変わったりするとよく水分量が大幅に増加しますので、食事のケアは大切です。また下痢が1回で治まるようであればまだ安心ですが、餌のケアをしても繰り返すようであれば病気にかかっている可能性が大です。

例えば寄生虫によるもの、この場合は検便が大切ですが、場合によっては数回の検便が必要です。また炎症性腸疾患も考えられますが、食事アレルギーなどが絡んでいると胃腸の免疫の病気にかかることも考えられます。

また、トイプードルに多いのが「アジソン病」です。この病気では下痢や食欲不振を繰り返しますので、ちょっとでも気になったら獣医に検査を願い出るのが妥当です。

検便、そして血液検査やホルモン検査など、病的だと疑ったらできるかぎり検査項目を増やしておくのが無難です。やはり下痢は食物による反応のケースがほとんどですから、トイプードルに与えるものには細心の注意が必要です。

例えば人間が食べる食事を好みで与える方も多いですが、食中毒しやすいものもかなり含まれています。また最近は高カロリーで高塩分なものを摂る方が増えていますが、犬にとっては正に超高カロリーで好高塩分に他なりません。

そのうちに薄味のフードが食べれなくなるとかなりやっかいです。他には香辛料系も消化不良に近い食材です。その他に血便がある場合は、ストレスが原因のケースも増えています。あるいは大腸炎やウイルスの心配もあります。

他には可愛がってよく与える甘いもの、これは肥満を起しやすく、人間と同じように動脈硬化や心臓病、糖尿病になる可能性が大です。最近は糖尿病にかかるトイプードルも非常に増えていて、ほとんど過度の糖分摂取が原因です。

このようにトイプードルが下痢を起こす原因、様々な病気を発症してしまう原因は、飼い主の知識不足がほとんです。

ただ、かわいい、かわいいだけで育てしまうだけでなく、しっかりと飼い主がトイプードルに対しての性質や正しい飼い方やしつけ方を学ばないことには、気づかないうちにトイプードルには大変なストレスになっていることが多く、最終的には全く言うことを効かない犬になってしまうこともあります。

このようなことにならないためにも、当サイトでお薦めしている遠藤和博先生のしつけ法をマスターし、トイプードルがストレスなく過ごせる環境を作ってあげてください。

遠藤先生はドックトレーナー歴20年以上、2006年、2007年にはTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

遠藤先生のしつけ法は下記よりチェックすることができますので、今すぐ確認してみてください。きっと、遠藤先生のしつけ法が、あなたのトイプードルが今後ストレスなく、一緒に暮らしていける唯一の方法になるはずです。