トイプードルはいくつかの病気にかかりやすい犬ですので飼い主が注意する必要があります。

TOP > 関連ページ > 病気について

トイプードル専門navi

病気について

可愛いトイプードルが病気になったらどうしよう、、、飼い主であれば誰もが気になることです。

また、トイプードルがかかりやすい病気も1つだけではありませんから、ある程度知識として蓄えておくことが大切です。

トイプードルに頻繁に見られると言われているのが、「流涙症」です。字のごとく涙が目から溢れてしまう症状が続きます。

犬の涙は通常目から出て鼻涙管に入り、鼻へと流れていきますが、この管が詰まってしまうと流れなくなってしまいます。このことで涙やけが目立ったり、鼻涙管を洗浄してあげても詰まってしまうとなかなか改善しません。

また、トイプードルのタイプによっては、自然解消することもあります。健康には影響がありませんので慌てないことも大切です。

また、トイプードルがかかりやすい病気は痛みが無いものばかりではありません。骨の病気としてよく出るのが「膝蓋骨脱臼」、後ろ足の膝の皿が外れてしまう症状を言います。

遺伝的に外れたままの場合もあれば、遊びすぎて落下した際に突然外れて発症するケースも少なくありません。

また軽度の場合は自分でストレッチのような動作をして治すこともありますが、ビッコを引いて歩いているのを見かけたら、すぐにでも獣医に相談すべき状態です。予防ポイントとしては室内の床のクッション性、そして体重管理も大切です。

他には「外耳炎」があります。人間でもかかる方が多いですが、犬の場合は垂れ耳が強い犬に多く発症します。トイプードルも犬種の中では垂れ耳ですので、よく見られることが多い症状です。

外耳炎を発症すると、耳がとにかく痒みを帯びてきます。また耳垢も濃い色になって悪臭が漂います。寄生虫による発症や耳の傷なども原因になりやすいため、犬のストレスケアのためにも予防策が大切です。

また人間にとって大事な歯の健康は犬にとっても同様です。トイプードルは「歯周病」にかかるケースも多いため、予防がとても大切です。

小さい頃は歯に餌が詰まりやすいため要注意ですし、大人になってからも発症する可能性が高いです。まず歯磨きを欠かさないようにしておけば充分ですが、子供の場合は慣れさせるために少しずつ習慣づけるのがコツです。

このようにトイプードルは数多くの病気にかかりやすい犬ではありますが、飼い主さんがしっかりと見ていれば大きな問題になることは少ないはずです。

それよりも、トイプードルのしつけに悩んでいる方がとても多いように感じます。もし、あなたがトイプードルのしつけで悩んでいるのであれば、当サイトでは遠藤和博先生のしつけ法をお薦め致します。

この方法で既に10000人以上の飼い主さん達が、愛犬のしつけに成功されています。今まで何をやっても言うことを聞いてくれない、ドックスクールに通ったけど効果がなかった、という方は一度、遠藤先生のしつけ法を実践してみてください。

この方法をしっかりと実践していただければ、どんな犬でも次の日からとてもいい子な愛犬に生まれ変わることができるようになります。