トイプードルが涙やけしてまう原因について詳しく知りたい方はこちら。

TOP > 関連ページ > 涙やけの原因

トイプードル専門navi

涙やけの原因

トイプードルにとって、「流涙症」は天敵とも言える病気です。

流涙症は涙がうまく流れずに溜まってしまい、目の周辺が汚れてしまう症状ですが、やけたように跡がついてしまうのが特徴です。


また原因については、器官に欠陥があったり、涙が出てから流れるための鼻流管が細すぎるような場合がほとんどです。ですが、やはりマズルの短いタイプによくある病気ですので、元々から出やすいと思ってケアしてあげることが大切です。

流涙症は直接健康を害するような病気ではありませんが、キチンと治すためには手術を受けるのが一番です。また日常のケアとしては点眼をしたりまぶたの洗浄、涙をまめに拭いてあげるなどが基本です。

それほどでないタイプであれば、朝と夕方の2回程度ティッシュなどで、目やにを丁寧にケアすれば徐々に治ってきます。特に目やにによって色素が沈着することが多いので、まめに拭いてあげるのが一番です。

他には固まった目やになどの影響で、毛が目に入ったままになっていることもありますので、毛を短くカットするケアも大切です。

また、フードの種類を変えてみることで改善できたという例も多くあります。添加物が多いフードやおやつ類を控えるようにして、無添加のフードに切り替えたら、かなり改善効果が出たという例です。

また、ローションやサプリメントの類もかなり多く市販されています。それぞれに効果も違いますので、トイプードルの個体差をできるだけチェックして、マッチングさせていくことも必要です。

トイプードルの涙やけを完全に解消するのはかなり難しいことです。まず悪化を防ぎ、こまめなケアを心掛けることです。トイプードルに少々の涙やけは付き物であることを承知し、子犬を迎える場合はよくチェックすることが必要です。

楽しいトイプードルとの生活を始めるにも、しっかりと飼い主がトイプードルの性質や正しい飼い方、しつけ方を勉強することもとても大事になってきます。

もし、トイプードルの正しい飼い方やしつけ方をマスターしたいと考えているのであれば、当サイトでは遠藤和博先生のしつけ法をお薦め致します。

遠藤先生のしつけ法を学び、実践したトイプードルの飼い主さん達は、短期間でおりこうなトイプードルに育て上げることができています。

遠藤先生はドックトレーナー歴20年以上、2006年、2007年にはTV東京「TVチャンピオン子犬しつけ王選手権」にて2年連続優勝の経歴も持ち、雑誌やテレビで数多く取り上げられている日本でも数少ない優秀なドックトレーナーです。

遠藤先生のしつけ法を学べば、より楽しいトイプードルのライフワークになることは間違いありませんので、下記より詳細をチェックし、本当の信頼関係を築いてもらえればと思います。