トイプードルの無駄吠えのしつけ方で悩んでいる方はこちらのページにある動画をご覧ください。

TOP > 関連ページ > 無駄吠えのしつけ方

トイプードル専門navi

無駄吠えのしつけ方

まずは下記の動画をご覧下さい。遠藤先生が吠え叫ぶわんちゃんを、
“たったの2秒”でおりこうさんにしています。

可愛いトイプードルを飼っても、一向に無駄吠えが止まずに悩んでいる飼い主さんは多くいます。集合住宅では近所迷惑が気になりますし、通行人ごとに吠え立てたりすると、誰も近寄らなくなってしまっては大変です。

まず無駄吠えはトイプードルにとってなんらかの意思表示であることは確かですが、その原因には様々あります。主なものとしては警戒心を示しているケース、そして何かを要求しているケースと、何かを教えていることもあります。

この中でトイプードルの要求には色々なものがありますが、ほとんどは甘えによる要求であり、それに応えることができたとしても、無駄吠え自体はますます冗長しかねません。

やはり、トイプードルが子犬の頃にしっかり抑えるようにしつけることが一番です。もちろん、しっかり遊んであげたり抱っこをしてスキンシップをはかることも大切ですが、やはり回数が多すぎると帰って無駄吠えの可能性が高まります。

結局は自由度が高いほど、わがままに育ってしまうトイプードルになりかねいなので、やはり規則正しい生活を覚えさせることが肝心です。

例えば、トイプードルのサークルに入れて、遊ぶ時間を決めたらその回数分だけしっかりと遊ばせて、後は要求が起こって鳴いたりしても、無視していけば慣れてきます。

まず、約20分程度が目安です。それ以上は耳障りも大変ですから、そのまま1人にしてしまうこと、そうすればほとんどは止めますので、その後にまた近寄っていって、鳴いたら叱ることでほとんどのケース習慣になっていきます。

また、トイプードルの無駄吠えを止めさせる効果的なグッズ類もあります。例えば、食事の後に飲ませるような飲料タイプのものは、薬剤が入っているものではありませんので、トイプードルの健康にも悪影響はありません。

また、興奮を鎮めることもやはりトイプードルにとって大切です。そして、しつける側がストレス過剰になるのももちろん避けるべきです。状況によって対処できなくなったら、無視して隔離する方法などもありますが、これではトイプードルにとっては拷問になってしまいます。

そのようなことを避けるためにも、あなたのトイプードルの無駄吠えが酷く、ほとほと困り果てているというのであれば、遠藤和博先生のしつけ法を学ぶことを強くお薦め致します。

実際、遠藤先生から“あること"を学んだ飼い主さん達は、なんと“たったの2秒”で無駄吠えを止めることに成功しています。

“たったの2秒”と聞くと驚かれるかもしれませんが、実際に遠藤先生がその方法を実演した動画を上部に掲載していますので、一度ご覧になってみてください。遠藤先生の実力に驚かれすはずです。

あなたの愛してやまないトイプードルのためにも、1日も早く遠藤先生の正しいしつけ法を学ぶことをお薦めしますので、下記より詳細を今すぐチェックしてみてください。